2017年1月1日日曜日

あけましておめでとうございます

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年も当サイトをよろしくお願いします。

ちょっぴりほったらかし気味ですが、見えない処でスパム処理とかやってたりして維持管理はシッカリやっています。( 最近が異国からのスパムが酷い・・・ )あと今年はメインサイトの改修をする予定です。併せてブログも更新します。何卒よろしくお願いします。





2016年9月6日火曜日

モトローラ Moto G4 Plus を買ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月にASUS ZenFone Goを買ったんだけど、7月にメインで使っていたNexus5の2年縛りが終わり、Nexus5本体自体の不満は無かったがZenFone Goをメインにして、新たにサブ機でMoto G4 Plusを買った。というかやっと買えた・・・

人気も人気で未だ9月時点でも国内では入手困難。私も店頭やらネットとかで探してやっと見つけたのがAmazonのマーケットプライスで定価超えの高値で買った始末。そこまで欲しかった理由は

1.Nexus5並の余計なアプリが一切ないシンプルさ
2.Dual-SIM,Dual-Standby(DSDS)ができること

が主。引き合いに発売間近のZenFone3もあるんだけど、Dual-SIMで使う場合micro-SDカードが使えない欠点あったりと不満が残った。


そして一番の機能DSDSがマジ使いたかった。
FREETEL Priori3 LTE ではDual-SIMものの、両方同時使用でできないので電話するときはA-SIM、通信するときはB-SIMと手動で切り替える必要があった。
ASUS ZenFone Goでは電話だけ2G(GMS)だけ転送できる機能があったが、日本国内は2Gが無いので、FREETEL Priori3 LTEと同じ使い方になっていた。
そして今回買ったMoto G4 Plusでは切り替え不要の同時待ち受けができるのだ。

他社の製品では稀にDual-SIM,Dual-Standby(DSDS・同時待ち受け)はあるのだが、大体が片方2G専用だったり日本で使うのでは全然無意味であったが、Moto G4 PlusZenFone3では同時3G/4G(LTE)待ち受けできた製品で脚光を浴びている。

ちみなにこのDual-SIM,Dual-Standby(DSDS)も欠点はある、あくまでデュアル・スタンバイなので、例えばA-SIMを電話、B-SIMをデータ通信とした場合、待ち受け中に電話(A-SIM)を受けると、片方は3G回線を使用して通話できるが、その間片方(B-SIM)は機能が停止する。なので通話中で、検索するっといった行為はできないのである。

まだ世の中には出てないが近い将来Dual-SIM,Dual-Active(DSDA)が出てきたら最強なんだろうなーっと思う。

って少し脱線したがMoto G4 Plusはなかなかいい。8コア、3Gメモリ、32GBのストレージ+micro-SD(128GBまで?)使えるので良い。当然ポケモンGoも動くが、電子コンパスが非搭載なので立ち止まってると方角が解らなくなる。あと電池は3000mAもあるが取り出し不可だし(ZenFone Goは交換可能)、Dual-SIM,Dual-Standby(DSDS)だと消費が激しい。とっいっても1日何もしなくても20~25%消費程度なので、3日は普通に持つ。私の場合片方はSMS有りだがもう片方がSMSなしなので、両方SIMあったらセルフスタンバイ問題が解決してもう少し消費が減るかも?



川住製作所 NEW プチカサホルダー グレー KW-77GR
川住製作所
売り上げランキング: 4,794

2016年5月18日水曜日

ASUS ZenFone Go を買ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
数ヵ月前にFREETEL Priori3 LTEを絶賛したが使ってみると何かと辛かった。


・バッテリーは2100mAhあるものの、スリープ中でもモリモリ電池を消費して24時間後には数%しか残らない
・ビルド(152A_20160127)を適応するとカメラがボケボケになって撮影がままならない
・併せてGPSがクソになる(元々あんまり感度良くないケド・・・)
・64GBのSDXCを入れてみるも、SDXC標準フォーマット(exFAT)の状態では認識しない
・SoCがMediaTek(MT6735M)にだけあって意外に動かないアプリが多い

などなど。一番のネックが電池の消費量の多さと、MediaTekだけに使えないアプリが多い点。



けれどSoftbank シンプルスタイルベースだと標準SIMなになり必然的にFREETEL Priori3 LTEなる。だがSIMカッターを使えば選択肢も増える事で怖かったがサイズ変更にも挑戦してみることに。仮に失敗して使えなくなったとしても3000円(税別)払えば再発行(同サイズに限る)してくれるし、ショップに予備のSIM(直営店でかろうじてあるレベル)があれば端末持込(製造番号を読み取られるとのこと)にはなるが有償でSIMサイズ変更もやってくれるとの事。

小心者の自分としてはカッターで削るより、有償でSIMサイズ変更をしたかったが、近所のショップでは予備SIMがなく、東京の直営店でしかなかったので、交通費掛けて行くのも・・と悩み、結果SIMカッターを購入。怖かったが標準SIM → Micro-SIMに力任せで変換を決行・・・あっさりできたが、角角にバリができたので紙ヤスリにバリを取り除く必要があった。買う際はSIMカッターにSIMアダプタやら紙ヤスリが付いているのがあるのでそれを買うのが良いと思う。

Micro-SIMになってしまえば選択肢が膨れ上がり、いくつも候補があがる。但しSoftbank シンプルスタイルである事は決して忘れてはならない。買うときは必ず900MHz(Band 8)俗にいうプラチナバンドに対応しているか?確認する。対応してないと2100MHz(Band 1)だけの運用になり、移動しながらの通話は少し辛い。あとはデュアルSIM仕様のスマホはFREETEL Priori3 LTE同様に、どっちのSIMに切り替えても4G(LTE)が使えるのがベスト(結構片一方は2G専用とかあったりする)



結果、自分に合った端末はASUS ZenFone Goにした。価格も2万円代でリーズナブルだし、バッテリーも公表値3010mAh(バッテリーには2910mAhって書いてあるケド)っとパワフル、SoCも安心のQualcomm (Snapdragon 400)っと申し分ない。メモリとストレージは2G / 16GBとあり FREETEL Priori3 LTEの2倍。欠点としては画面が大きいだけあってFREETEL Priori3 LTE(120g)より重く(160g)ズッシリ感はある。ポイントは近未来にサービス開始となる700MHz(Band 28)に対応していること。(夢があっていい)

まだ買ってから1週間ほどだが、電池の持ちは同じ使い方で2日余裕で持つ。GPSの精度はあまり変化はないが GPS Status & Toolbox を入れて対処、SDXC標準フォーマット(exFAT)はASUS ZenFone Goの標準ファイラーからは読み書きできたがESエクスプローラーPRO からは見えるが書けなかったりとまだまだ感があった(FAT32にすると読み書きok)。

関連する記事

ドケチスマホ完成




2016年3月23日水曜日

SHA-2 移行手続き namecheap 編

このエントリーをはてなブックマークに追加
こことは別に別途サーバーがあり、導入にあたりSSL証明書も当時導入したのだけれど購入してから年月が流れ、OpenSSLの脆弱性( Heartbeat )問題やらSHA-1証明書が使えなくなるとか問題だらけだったので少しずつ処理することにした。

有効期限があと500日も残ってるので新規や更新手続きをするとまた金が掛かるし、利用している認証局( namecheap )が5年分まとめて買えてたハズが最高3年に短縮されてたんで、今回は再発行と合わせてSHA-2で発行してもらう事にした。

ちなみに既存のSHA-1のまま放置すると2016年12月31日以降から何かとトラブルの火種になる。詳細はこの辺を読んでね

自分はSSLの利用は主にメールやFTPSのSSL通信と滅多に使わないMS-SSTP (Microsoft Secure Socket Tunneling Protocol) でのVPN接続だけだ。メールやFTPは専用ソフトなので差ほど害がないのだがMS-SSTPはWebベースからも見えるためSHA-2に移行しないと気持ち悪い。
因みに自分のサイトがSHA-2に対応してるか確認するには SHAAAAAAAAAAAAA で確認すると良いだろう。



 んで、再発行手続きだが利用しているnamecheapでは英文だが細かく図解で再発行方法が書いてあるので参考にして欲しい。 How do I reissue my SSL certificate? 基本的に自分作ったCSR貼り付けて、メール等に確認したら再発行という流れで早ければ15分で終わる。

再発行して貰ったら自分でPKCS#12などに変換する必要があるが、再発行の場合は既に1度やっているのでそこまで細かく書く必要もないだろう。



熊本もっこすラーメン 123g×10個
五木食品
売り上げランキング: 68

2016年2月14日日曜日

ドケチスマホ完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
あけましておめでとうございます(遅)相変わらずBluetoothが絶好調なサイトですが年明け早々から更新をサボってました。ごめんなさい(言い訳)

んで年明け一発目はドケチスマホが完成したのでお知らせしようかと。

通話も通信も出来て年間3,000円~

こんな人がオススメ
・自宅にWiFi環境がある
・待受専用やサブ用途
・必要最小限あればいい(電話、メール、LINEなど)
・スマホゲームはしない

初期投資に若干お金が掛かるのがネックだけど、それでも他に比べれは全然安い。用意するのは現金とクレジットカード(Visaデビットは不可)それと以下の手順で買って行く。

1.Softbank シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)のZTE 301Zを新規で買う。費用はオンラインショップで約6,500円ぐらい。私はヤマダ電機で4,000円で購入した。


2.併せて FREETEL Priori3 LTE を買う。現行この用途(標準SIM / micro-SIMの指定)に勝てるものはこれしかない。近いもので TJC StarQ Q5002というのもあるが、標準SIMが2G専用の為、非対応なので注意。ちなみにPriori3 LTEは約13000円で売っている。


3.両者を買ったらZTE 301Zから標準SIMを取り除き、FREETEL Priori3 LTEに差し替える。初期設定を済ませれば、家などWiFiがある環境なら普通の電話も、通信(LINEなど)もできる。また一般的なSIMフリー電話(ドコモ回線)はLINEの年齢認証は突破できないが、こっちは突破できるメリットもある。またコンビニ等で無料WiFiが使えるように 「 公衆無線LAN自動接続+VPN - moopenerZERO 」  を導入しておけばコンビニ内でも使える。

4.この時点でZTE 301Zの本体は不要になるのでヤフオクなどで売り購入費用を回収する。


5.コンビニ無料WiFiでは気持ち頼りないのでSo-netの0 SIMに申込し、SIMサイズはmicro SIM、プランはデータ専用に加入しよう。すると毎月499MBまで無料でLTE通信ができる。またオーバーしないようにAndroidでは通信上限設定ができるので超える事はまずない。初回事務手続きに3,000円、また決済はクレジットが必須となる(Visaデビット不可)


6.プリペイド携帯電話はチャージ有効期限から364日有効なので、期間内に3,000 / 5,000円のチケットを買うと電話番号は保持される。なのでチャージ料金が0円でも期間内は電話番号が有効なので着信を受けられる、電話するときは有料プラン(200円~)のLINE電話にしてWiFiが無い場所では0 SIMを有効にすれば電話も可能(相手がLINE内の人であれば無料プランでも良い)。SIM自体は同時使用できないため切替えをする必要があるが、これをマスターすれば年間3,000円でスマホが運用出来る。どの場所でも一般のスマホと同じ使い方ができる。



シエル エトゥベラ マッサージオイル イランイラン 250ml
ワールドジェイビー
売り上げランキング: 31,918