2014年11月5日水曜日

PT3 増設

このエントリーをはてなブックマークに追加

(※内容は8月下旬~9月上旬に書いてます。Upするの忘れてたzzz)

家内にサーバーあるんですよ。主にメール(ドメインやSSLも取得)・FTPS・VPN・オートサーフ・録画・録音な感じで使っています。(ファイルサーバーは独立)環境は24時間稼働が大前提になり、合わせて省電力・静穏化を求め、性能面はAtom ~ Celeronでユルユル動いてフリーズ・落ちなければ良い問題ありません。(OSはWindows7 Professional)



具体的なハード面はマザーボードにMSI C847MS-E33、メモリは2GB×2の4GB(消費電力が低い片面実装モデル)、ストレージはブート用にSamsung SSD 850 EVO(128GB)、データ領域にHGST HTS541010A9E680(1TB)ネットワークは Intel Ethernet Server Adapter I350-T2、録画にアースソフト PT3、電源はPicoPSU-160な感じで、概ね28Wの消費電力となりっています。24時間(1週間中6時間は完全停止する)も稼働すると電気代が概ね1ヶ月当たり500円程度掛かりますが、オートサーフで2倍以上稼げてるので実質0円になります。(ちなみに遠隔で動かすのでモニター、キーボード、マウスは付けない)




っとリーズナブルな環境ですが、今年の5月ぐらい流通が始まったCeleron J1900が気になって仕方ありません。既存のMSI C847MS-E33にはCeleron 847が搭載しカタログスペック的には2倍以上の性能差があります。

Celeron 847 / 物理コア2 / TDP 17W / クロック 1.1GHz / Sandy Bridge コア
Celeron J1900 / 物理コア4 / TDP 10W / クロック 2.4GHz / Ivy Bridge コア

TDP 10Wと高性能なのに超省エネで魅力です。ただ全部が全部良いとも限らず一番の懸念材料が足回りが酷く弱いという処。847はIntel 7シリーズ (Z77 / Z75 / H77 / B75 / HM70) の廉価版であるIntel NM70というチップセットを別途搭載してPCI-Express x16やSATA3やSATA2が使え最低限はクリアされる。USB3.0は無し。

問題はJ1900になると流行りのSoC(System on a chip)になり、J1900にPCI-ExpressやSATAが全部乗せになってIntel NM70より更に劣化するという点。具体的にはPCI-Express レーン数が4本で(x16は無理、x4が1本 or x1が4本のみ)、SATA2までしか使えずポート数は2本までと、キツキツ。唯一の救いはUSB3.0が1ポートのみ使える。

3ヶ月放置していたが・・・気になって仕方ない。

唯一買ってイイなという製品はSuperMicro X10SBAASRock Q1900Mで(一般的には ASRock Q2900-ITX が人気みたい)ある程度の要件は満たしている。それでもIntel Ethernet Server Adapter I350-T2を搭載した場合、足が強制x1になってしまい帯域が活かせない。

どうしたものかと過去記事やら検索してると『PCI-e 2.0で1スロットって、片方向5Gbps 8b/10bで実効4Gbps』のワードが・・・「そうか!」と重要な事に気づいた。

I350-T2自体はPCIe v2.1 (5.0GT/s)対応を歌っているのでASRock Q1900MのPCIeが2.0対応してれば帯域は活かせる事になる。(詳細はこの辺を読んでね!PCIバスにはじめて関わる方PCI Expressスロットの分岐速度を考えてみる。 )

メーカーのマニュアル(PDF)を見ると「2 x PCI Express 2.0 x1 Slots」とか明記してるしBIOSの設定では「PCIE1 Link Speed」の項目があり速度変化できるそうだと知り・・・可能性はあるようだ。


という事で買ってみた。


しかも殻割りもやってみた(パカッ)


BIOSも一通りを確認するとスロット毎にリンクスピードGen1~Gen2と指定できる事ができた。またこのASRock Q1900MではPCIeのx16スロット部分(上から2ヶ所目)は配線としてはx4まで物理的にはなってるものの、仕様によりx1に制限されているが最大スペースはx16まで刺せるのでI350-T2のような長いバスでも問題なく刺せる。



最少構成で動かしてみると消費電力も素晴らしい


また本体内容も若干見直し、OSはWindows8.1 Professionalに、メモリも8GBに増量、ついでに既に1枚あるのにもう1枚PT3を追加した。見直しにも理由があり、HYPER-Vの仮想化を使いオートサーフは独立化、それに合わせてメモリも増強、んで滅多に2番組同時録画なんて1年に数回有るか無いかんだけど、観る・録画専用と独立化。ちなみに録画環境はSpinel + EDCB + Tvtest(パソコン向け) or Remotetest(スマホ・タブレット向け) で稼働させ基本ネットワーク経由で観ている。


ケースに入れるとこんな感じ・・・ちなみに電力も・・・こんな感じ


うーん。10Wも削ることができた。素晴らしい!!
(まずは1ヶ月安定運用できるかチャレンジ)

関連する記事

PT3 : 録画鯖、その後




カスタム エコキーパー ECー03
カスタム
売り上げランキング: 72,975