2016年2月14日日曜日

ドケチスマホ完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
あけましておめでとうございます(遅)相変わらずBluetoothが絶好調なサイトですが年明け早々から更新をサボってました。ごめんなさい(言い訳)

んで年明け一発目はドケチスマホが完成したのでお知らせしようかと。

通話も通信も出来て年間3,000円~

こんな人がオススメ
・自宅にWiFi環境がある
・待受専用やサブ用途
・必要最小限あればいい(電話、メール、LINEなど)
・スマホゲームはしない

初期投資に若干お金が掛かるのがネックだけど、それでも他に比べれは全然安い。用意するのは現金とクレジットカード(Visaデビットは不可)それと以下の手順で買って行く。

1.Softbank シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)のZTE 301Zを新規で買う。費用はオンラインショップで約6,500円ぐらい。私はヤマダ電機で4,000円で購入した。


2.併せて FREETEL Priori3 LTE を買う。現行この用途(標準SIM / micro-SIMの指定)に勝てるものはこれしかない。近いもので TJC StarQ Q5002というのもあるが、標準SIMが2G専用の為、非対応なので注意。ちなみにPriori3 LTEは約13000円で売っている。


3.両者を買ったらZTE 301Zから標準SIMを取り除き、FREETEL Priori3 LTEに差し替える。初期設定を済ませれば、家などWiFiがある環境なら普通の電話も、通信(LINEなど)もできる。また一般的なSIMフリー電話(ドコモ回線)はLINEの年齢認証は突破できないが、こっちは突破できるメリットもある。またコンビニ等で無料WiFiが使えるように 「 公衆無線LAN自動接続+VPN - moopenerZERO 」  を導入しておけばコンビニ内でも使える。

4.この時点でZTE 301Zの本体は不要になるのでヤフオクなどで売り購入費用を回収する。


5.コンビニ無料WiFiでは気持ち頼りないのでSo-netの0 SIMに申込し、SIMサイズはmicro SIM、プランはデータ専用に加入しよう。すると毎月499MBまで無料でLTE通信ができる。またオーバーしないようにAndroidでは通信上限設定ができるので超える事はまずない。初回事務手続きに3,000円、また決済はクレジットが必須となる(Visaデビット不可)


6.プリペイド携帯電話はチャージ有効期限から364日有効なので、期間内に3,000 / 5,000円のチケットを買うと電話番号は保持される。なのでチャージ料金が0円でも期間内は電話番号が有効なので着信を受けられる、電話するときは有料プラン(200円~)のLINE電話にしてWiFiが無い場所では0 SIMを有効にすれば電話も可能(相手がLINE内の人であれば無料プランでも良い)。SIM自体は同時使用できないため切替えをする必要があるが、これをマスターすれば年間3,000円でスマホが運用出来る。どの場所でも一般のスマホと同じ使い方ができる。



シエル エトゥベラ マッサージオイル イランイラン 250ml
ワールドジェイビー
売り上げランキング: 31,918

0 件のコメント:

コメントを投稿